2012年03月20日

炭酸水素塩泉の効能と主な温泉地



温泉の泉質 【03】



炭酸水素塩泉


炭酸水素塩泉




[泉質] 炭酸水素塩泉(たんさんすいそえんせん)
[通称] 重曹泉(じゅうそうせん)、重炭酸土類泉(じゅうたんさんどるいせん)
[定義] 重炭酸ナトリウムを主成分に含有総成分が1グラム以上の温泉

[効能(入浴)] 痛風、糖尿病、肝臓病、胆石、慢性胆嚢炎、慢性皮膚炎
[効能(飲泉)] 胃腸病、便秘

[特徴] アルカリ性で、肌をなめらかにする「美肌作用」があり、美肌の湯として知られています。重炭酸土類泉は、カルシウムやマグネシウムイオンを多く含むので、黄褐色のお湯が多いのが特徴です。

[主な温泉地(重曹泉)] 東鳴子温泉(宮城県)、中山平温泉(宮城県)、嬬恋温泉(群馬県)、鹿沢温泉(群馬県)、奈川温泉(長野県)、中宮温泉(石川県)、十津川上湯温泉(奈良県)

[主な温泉地(重炭酸土類泉)] 赤城温泉(群馬県)、安楽温泉(鹿児島県)、妙見温泉(鹿児島県)




温素
posted by onsen-guide at 23:47 | 温泉 泉質 効能
温泉の泉質と効能」の先頭へ