2012年03月22日

硫酸塩泉の効能と主な温泉地



温泉の泉質 【05】



硫酸塩泉


硫酸塩泉




[泉質] 硫酸塩泉(りゅうさんえんせん)
[通称] 石膏泉(せっこうせん)・芒硝泉(ぼうしょうせん)・苦味泉(くみせん)
[定義] 硫酸カルシウム・マグネシウムを主成分に含有総成分が1グラム以上の温泉

[効能(入浴)] 動脈硬化、高血圧、慢性皮膚炎、関節痛、外傷
[効能(飲泉)] 糖尿病、痛風、胆石、便秘

[特徴] 単純温泉と同じように、無色透明・無味無臭ですが、まろやかなお湯が特徴。飲泉効果にすぐれ、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病に効きます。鎮静効果も高いので外傷などの湯治にも向いています。

[主な温泉地(石膏泉)] 赤倉温泉(山形県)、川中温泉(群馬県)、沢渡温泉(群馬県)、湯ヶ島温泉(静岡県)
[主な温泉地(芒硝泉)] 乙部温泉(北海道)、蔦温泉(青森県)、湯宿温泉(群馬県)




温素
posted by onsen-guide at 00:14 | 温泉 泉質 効能
温泉の泉質と効能」の先頭へ